結婚式の席次表、席札、メニュー表の作り方、手作りのポイントをご紹介するペーパーアイテム基礎知識ページ。

【フリーコール(通話料無料・携帯OK)】 0120-28-3039 【受付時間】月〜土 10:00〜19:00 / 定休日 日・祝祭日


ペーパーアイテム基礎知識

席次表・席札・メニュー表の基礎知識

席次表・席札・メニュー表の基本情報です。
また、商品を注文される方は下記内容とあわせて、おおよそのスケジュールをこちらよりご確認ください。

席次表
1.作成部数

基本的には出席者ひとり一人にお配りする物ですが、ご夫婦には1部でもよいでしょう。
しかし新郎新婦のプロフィールなど読み物が載ったタイプは小さなお子様以外皆様にお渡ししましょう。

2.席順の決め方

メインテーブル(新郎新婦席)に向かって左側が新郎の来賓、右側が新婦の来賓となります。その中の順番は、メインテーブルに最も近い席(=上座)を勤め先の社長や恩師(主賓格にあたる方)とし、以降、勤め先の上司>勤め先の先輩や知人>勤め先の同僚や学生時代の友人>親族(最も下座は両親)という順番になりますが、披露宴会場の形状や当日のオペレーション予定によって変則的にならざるを得ないこともありますので、必ず事前に会場側にご相談ください。

席順
3.肩書について

婚礼印刷物の場合、ゲストのお名前はもちろんのこと、肩書きにも十分に注意をする必要があります。肩書は基本的に主役の新郎新婦から見た間柄で表記し、一般的には一つで表します。勤め先関係やお仕事関係のゲストの肩書きは、有限会社・株式会社の区別と、これらが商号の前後のどちらに付くかなどを必ず確認してください。また、ふだん「社長」や「部長」と呼んでいても、正式には「代表取締役」や「〜事業部 〜部長」というのが一般的です。ご本人に確認できるのであればそれが最も確実ですが、できない場合は近しい方に確認してください。
その方の名刺に記載された肩書きを鵜呑みにするのはお勧めできません。なぜならば、それが最新の名刺であるかどうかがわからないということと、仮に最新であったとしても、特に人事異動の時期を挟む場合などは異動になる(肩書きが変わる)可能性があるからです。

4.子供の肩書と敬称について

来賓のお子様は「○○(親名)様ご子息やご令嬢」または「○○(親名)様お子様」とし、親戚の子は「お子様」のみでよいでしょう。小学校高学年以上は“様”としますが、それより下の場合は“くん”や“ちゃん”としてもよいでしょう。
肩書や敬称につきましては、地域での風習や披露宴会場の方針により異なりますので、詳しくは会場にてご確認ください。

5.席次表の家族敬称

招待状の文面からも判断できるように、結婚式(披露宴)とは、新郎新婦とその両家が主催者となってゲストをお招きし、おもてなしをする儀式です。たとえば本人名義で招待状を発送していても、二次会でもない限り、ゲストの大半は「両家に招かれた」という認識を持っています。したがって、新郎新婦はもちろんのこと、その両親および兄弟姉妹には「様」をつけません。
ただし、すでに嫁いだ姉妹や、養子縁組などで苗字が異なる兄弟姉妹の場合、「様」をつけますが、同居している兄弟の嫁や姉妹の婿、祖父母には「様」をつけない場合があります。
厳密なルールは地域の風習や披露宴会場の方針によっても異なりますので、会場側にご確認ください。

6.家族や両親の兄弟とその子・孫について

両親より年長の伯父や伯母の配偶者は伯母・伯父、年少の叔父や叔母の配偶者は叔母・叔父。新郎新婦より年長の従兄や従姉の配偶者は従姉・従兄、年少の従弟や従妹の配偶者は従妹・従弟と表します。

  • どちらも配偶者に「義」は付けません。
  • 兄弟姉妹のお子様は「甥」「姪」と表します。
  • いとこの子供は「お子様」と表すのが一般的ですが、「従甥」「従姪」と表すこともできます。
  • 同い年のいとこは生まれ月で判断します。不明な場合は従兄弟や従姉妹でもよいですが、敬って上表記の方がよいでしょう。
席札
1.作成部数

着席するゲスト全員分をつくりましょう。ベビーベッドの赤ちゃんなど、お席を設けない方の分はなくてもよいでしょう。
新郎新婦分の席札の要・不要につきましては、会場によって異なる場合がございますので担当の方にお問い合わせください。

2. 席札の敬称の有無について

敬称の有無は基本的に席次表に合わせ、本人・親・未婚の兄弟姉妹の敬称は不要ですが、会場によって異なる場合がございますので担当の方にお問い合わせください。

メニュー表

ゲストの方に、より一層お料理を楽しんでいただくためのアイテムの一つです。
おふたりのために用意されたオリジナル料理を紹介したり、会場の自慢の料理を紹介したりすることができます。

1.作成部数

皆様に1部ずつ用意するものですので、別メニューの方のものも作成するとよいでしょう。

2. 内容について

和食の場合には、縦書きにするとよいでしょう。
フランス料理などは欧文も小さい文字で入れると、きれいにまとまります。

  • 席次表テンプレートはこちら
  • 席札・メニュー表テンプレートはこちら

ページの先頭に戻る