結婚式招待状の書き方、手作りのポイント、無料テンプレート、文例集をご紹介するペーパーアイテム基礎知識ページ。

【フリーコール(通話料無料・携帯OK)】 0120-28-3039 【受付時間】月〜土 10:00〜19:00 / 定休日 日・祝祭日


ペーパーアイテム基礎知識

招待状の基礎知識

結婚式にゲストを呼ぶ時の重要な入口になるペーパーアイテム「招待状」の注意点や基本情報です。
また、商品を注文される方は下記内容とあわせて、おおよそのスケジュールをこちらよりご確認ください。

招待状
1.作成部数

一世帯に一通お送りします。
ご家族をお招きする場合はご家族で一通ですが、成人している方へは別にお送りしましょう。
また、急な追加や変更に備えて、3〜5セット程度多めに用意しておくと安心です。

※招待状などのペーパーアイテムをお手製で考えられている方は、
ぜひ、手作りペーパーアイテム虎の巻のページをご覧ください。


2.発送の時期

挙式または披露宴の2ヶ月前までには発送しましょう。約70日前が理想的です。


3.招待状に必ず入れる内容
  • 結婚するおふたりの名前
  • 日時・曜日
  • 会場名と会場の住所・電話番号(地図)
  • 媒酌人の名前(媒酌人を立てる場合)
  • 出欠返事の締切り日
  • その他連絡事項(駐車場の有無、服装は「平服で」など)

お祝い事に終止符を打たないという意味から句読点は付けず、スペースを入れます。改行した場合も1文字目は下げません。
封筒・返信はがきとも、住所は丁目・番・号・番地などを省略しないほうがよいでしょう。


4.名義

本状の名義と封筒の差出人名は揃えます(親名義の文章なら封筒の差出人も親の名前です)。
返信はがきの宛名(受取人名)に、特にこだわる必要はありません(本人宛でもOK)。

数年前まで招待状は両家の親の名義で発送するのが一般的でしたが、最近では本人の名義で発送するケースが過半数を占めるようになりました。本人の名義で発送しても問題ありませんが、おふたりのご両親とよく話し合って決めるようにしてください。
本人名義・親名義の文例は「招待状文例集(PDFファイル)」を参考にしてください。


5.季節の言葉

季節の言葉は招待状を出す月が基準です(発送日付に合わせます)。

  •  1月 初春の候 or 新春の候 or 福寿草の花が早くも春の訪れを告げるこの頃
  •  2月 立春の候 or 春寒の候 or 寒さの中にも春が感じられるこの頃
  •  3月 春暖の候 or 早春の候 or 木々の芽もふくらみ花の便りが聞かれるこの頃
  •  4月 陽春の候 or 仲春の候 or 花の便りが聞かれ春風が心地よいこの頃
  •  5月 新緑の候 or 薫風の候 or 樹々の緑が鮮やかさを増してきらめくこの頃
  •  6月 初夏の候 or 向暑の候 or さわやかな風に夏の訪れを感じるこの頃
  •  7月 盛夏の候 or 仲夏の候 or 眩しい陽射しが街を夏色に染めるこの頃
  •  8月 新涼の候 or 晩夏の候 or 毎日暑い日が続いておりますが
  •  9月 爽秋の候 or 初秋の候 or さわやかな秋晴れが続くこの頃
  • 10月 仲秋の候 or 錦秋の候 or 日ごとに秋の色が深まるこの頃
  • 11月 深秋の候 or 向寒の候 or 紅葉の便りが聞かれるこの頃
  • 12月 初冬の候 or 師走の候 or 街にイルミネーションが瞬く季節となりました

6.発送日付

発送日付(平成○○年○○月吉日)は招待状を出す月が基準です。

7.返信はがきの返信依頼日

本文末の追記(○○月○○日迄にご一報ください)には、遅くとも挙式または披露宴の1ヶ月前には返事がくるように記載します。


切手

切手を貼る位置は、縦書きの場合は左上、横書きの場合は右上となります。

結婚式の招待状に貼る切手には“寿切手”“慶事用切手”と呼ばれるものを使います。
切手は重さや大きさによって値段が変わりますので、郵便局で重さを量ったうえでご準備ください。
定型外封筒の場合は定形外の寿切手がないため、通常の切手を貼ってください。
また、返信はがきに「はがき用の寿切手」を貼って本状と同封します。

  • 宛名書きの後に招待状本状・返信はがき・フセンなどを封筒に入れて封をし、封かんシールを貼って、最後に切手を貼ってください。
  • 手渡しの場合はシールのみで封をしますが、郵送の場合はのり付けの後、シールを貼ってください。

フセン

フセンは招待状に記載していない挙式参列のお願いや集合時間・集合場所などをお知らせする大切なカードです。
ただし、祝辞・スピーチ・乾杯・余興・受付などのフセンを同封するお客様には事前にお願いしておくのがマナーです。

挙式に出席して欲しい旨を記載したフセンは、神前式や仏前式に多く用いられます。なぜなら神前式や仏前式は、一般的に披露宴の出席者数に対し挙式の出席者数のほうが極端に少ないためです。
招待客の混乱を防ぐために「挙式開始時間」を本文に記載せず、「披露宴開宴時間」だけを明記し、挙式出席者にはフセンで「挙式開始時間」をお知らせします。

また、教会式や人前式ならフセンは入れず、開始時間を「挙式披露宴(開始時間)」と一行にまとめて記載するか、「挙式開始時間」と「披露宴開宴時間」の両方を明記し、本文中に挙式にも出席して欲しい旨を記載するのが一般的です。

当社でお付けしておりますフセンについての詳細はこちらをご覧ください。


宛名書きについて

毛筆で縦書きが最も丁寧ですが、自分たちで書く場合は書き慣れたペンでも構わないでしょう。
いずれにしても、丁寧に書いてあるということが一番大事です。
パソコンを使用して印刷する場合は「楷書体」フォントが見やすくてよいでしょう。

招待状のデザインによっても変わりますが、基本的に宛名面(表面)に郵便番号枠が印刷されている封筒は、
縦書きで使用します。宛名書きは差出人(裏面)縦書きまたは横書きを揃えて書きましょう。

  • 手渡しの方は姓名のみを書きます。
  • 招待状はご自宅へ郵送するのが一般的ですので、会社名や役職名は必要ありません。
  • ご媒酌人・勤務先上司等、目上の方の奥様は「令夫人」としますが、ご親族や親しい友人の奥様はお名前を連名で書きます。
  • ご家族でお招きする場合は、その家族が3人までならそれぞれの名前+様とし、4人以上の場合は代表者の姓名+様
    その横に「ご家族様」と書きます。
  • 同じ住所でも別世帯であれば、それぞれに招待状を用意しましょう。

当社へ宛名書きリストをご提出いただく際の注意点は「宛名書きリスト(xlsファイル)」をご確認ください。
招待状を印刷込みでご注文いただいた場合の付加サービスとなります。


  • いますぐ使える招待状の文例集テンプレートはこちら

ページの先頭に戻る